ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

7月の観察記録(観察日:5、7日:トンボの湿地コース・ムササビの森コース)
豊田市自然観察の森
〒471-0014 愛知県豊田市東山町4-1206-1
Tel: 0565-88-1310 Fax: 0565-88-1311
 
豊田市自然観察の森
場所:豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)
コメント:ため池では、一度営巣に失敗したカイツブリが2度目のチャレンジをしています。ため池や湿地ではカワセミの若鳥も見かけます。キビタキは、まださえずっている個体が3〜4羽いますが、他に目立つのはヒヨドリやメジロくらいです。
6月26日からニイニイゼミが鳴き始め、ヒグラシも7月6日から鳴き始めています。晴れると非常に暑くなりますので、飲み物は多めに用意してきてください。
観察できた野鳥:アオゲラ、イワツバメ、ウグイス、エナガ、カイツブリ、カワウ、カワセミ、キビタキ、コゲラ、コシアカツバメ、シジュウカラ、スズメ、センダイムシクイ、ツバメ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ブッポウソウ、ホオジロ、マガモ、メジロ、ヤブサメ、ヤマガラ
 
6月の観察記録(観察日:26日)
弥富野鳥園
〒498-0067 愛知県弥富市上野町2-10
Tel: 0567-68-2338 Fax: 0567-68-4820
 
弥富野鳥園
場所:愛知県弥富野鳥園(愛知県弥富市)
コメント:カルガモの親子が増えてきました。今年も順調に繁殖しているようで、来館者の方々を楽しませてくれています。マガモも昨年に引き続き繁殖をしています。少なくとも3組は繁殖しているようです。浅池では普段ほとんど見ることができないオシドリの雄一羽を確認しました。タカ類はこの時季なかなか観察できませんが、26日の調査ではオオタカとチョウゲンボウを確認しました。まだセミの声は聴こえてきませんが、そろそろ夏が近づいて来ているように感じる今日この頃です。

観察できた野鳥:オシドリ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオタカ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ホオジロ(18科24種)

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海