ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
列島縦断野鳥情報

8月の観察記録(観察日:20〜26日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:水辺にはオニバスやガガブタ、アサザの花が咲いています。カンムリカイツブリやバンの幼鳥はすっかり大きく成長し、ヒシの葉の上で羽を休めるアマサギやチュウサギがよく見られました。
観察できた野鳥:キジ、オシドリ、カルガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、クロハラアジサシ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、モズ、シジュウカラ、オナガ、ハシボソガラス、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、コヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ、アオジ(計35種)
 
8月の観察記録(観察日:20日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)

コメント:大きな声でさえずっていたのはメジロだけ。センダイムシクイは小声で控えめに鳴いていました。長く複雑なぐぜりは、声の質からガビチョウと判断。クロツグミの真似が入っていて、しばらく悩みました。葉が茂った樹冠にいる鳥が多く、姿を確認できたものはごくわずかでした。
軽井沢はツキノワグマの生息地です。森を散策する際は、クマ鈴の携帯をおすすめします。ピッキオでは無料レンタルもしていますので、お気軽にお声かけください。

観察できた野鳥:カルガモ、コゲラ、アカゲラ、サンショウクイ、カケス、コガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ヤブサメ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、クロツグミ、ホオジロ、ガビチョウ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は朝10:00出発と13:30出発の1日2回。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温とマスクを着用しての参加をお願いしています。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やTwitter、またはお気軽にお電話下さい 。

 

7月の観察記録(観察日:20日)

栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:戦場ヶ原、切込湖刈込湖
 
 
 
コメント:奥日光も暑い季節を迎えています。戦場ヶ原では7月中旬からホザキシモツケの群落がピンクの花を咲かせますが、その花に集まる虫を狙って、ノビタキがホザキシモツケの間を飛び交う姿が見られます。
親鳥に混じり、巣立った若鳥も懸命に虫を追いかけています。今年は天候不順で奥日光でも雨が多いです。晴れていても急変することがありますので、散策される場合は十分にご注意願います。
観察できた野鳥:ノビタキ、ウグイス、シジュウカラ、アオジ、オシドリ、カルガモ、カッコウ

お知らせ:戦場ヶ原歩道においては、老朽化に伴う工事のため、次の期間において一部が通行止めになります。
【期間】令和4年5月9日(月)〜令和4年9月30日(金)※予定
【区間】ホザキシモツケ群落近くの展望デッキ〜青木橋間
散策を予定されている方は、日光湯元ビジターセンターの情報等を確認してください。

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸