ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

9月の観察記録(観察日:21〜27日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:9月に入るとカモ類が続々と到着しはじめました。
ヒシの葉をかきわけるように、日に日にコガモやオナガガモの数が多くなっています。
福島潟周辺の田んぼで稲刈りが始まるとサギ類が多く観察され、木々の間からはアカゲラやシジュウカラの声がよく聞こえるようになりました。

観察できた野鳥:オシドリ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、トモエガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、カワセミ、アカゲラ、ヤマガラ、ハヤブサ、モズ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、コサメビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ(計33種)

 
9月の観察記録(観察日:18日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:オオルリのぐぜりが聞こえました。しかし茂った葉に隠れて、姿を見つけられません。ゴジュウカラは、つがいで何度もサンショウの木に降りてきて、実をついばんでいました。カラ類の混群には、メジロが多く混ざっています。キジバトとアオバトは、9月になってもまださえずりが聞こえました。
野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴などを携帯下さい。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。
観察できた野鳥:キジバト、アオバト、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、オオルリ、キセキレイ、ホオジロ、ガビチョウ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は、10:00出発と13:30出発の1日2回。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

 
8月の観察記録(観察日:4日|9:30〜13:30)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:霧降高原キスゲ平
 
 
 
コメント:キスゲ平は、標高1,400m前後の高原です。しかし、夏は日陰が少なく暑いところなのです。ところが当日は良い具合に曇り、秋を思わせる風が気持ち良い観察会でした。鳥は少なめでしたが、夏から秋の花がそこかしこに見られ、花や昆虫を見つけては名前を調べての道行きです。日光名物のアキアカネの群れが飛び交い、満開のヨツバヒヨドリにアサギマダラがたくさん集まっていました。また、珍しいジョウザンミドリシジミを見つけて、足を止めるなど、生き物の多いキスゲ平でした。
観察できた野鳥:ウグイス、トビ、アオジ、ホオジロ、モズ、ノスリ、ホトトギス、サンショウクイ、アカハラ
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸