ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
列島縦断野鳥情報

9月の観察記録(観察日:9月18日〜24日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
「キチキチキチ」とモズの高鳴きが聞こえるようになってきました。潟内には続々とカモが到着し、日に日に数が増えてきています。それを狙ったオオタカやチュウヒなどの猛禽類もよくみられるようになりました。
観察できた野鳥:ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ムクドリ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ(計34種)
 
9月の観察記録(観察日:16日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)

コメント:野鳥の森ではカケスの「ジェー・ジェー」という声が響くようになりました。秋の訪れを感じます。茂みからはウグイスの「ジャッ・ジャッ」という笹鳴きも。カラ類とメジロの混群にあちこちで出会いました。
野鳥の森はツキノワグマの生息地です。森の散策には鈴の携帯をおすすめします。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。

観察できた野鳥:
カルガモ、コゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、オオルリ、キセキレイ、イカル、ホオジロ、ガビチョウ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は毎日10:00出発と13:30出発の1日2回。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温とマスクを着用しての参加をお願いしています。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やTwitter、またはお気軽にお電話下さい 。

 

6月の観察記録(観察日:21日)

栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:霧降高原
 
 
 
コメント:梅雨に入ると毎日、いつかどこかで雨の降る日光です。今では雨雲レーダーを見てリアルタイムで雨を避けることができますが、それでもお気をつけください。この日も予報にない雨が降りました。しかし、この季節ならではの小鳥のコーラスは健在でした。霧降高原に仕掛けたタイマー録音には、素晴らしいコーラスが録音されていました。日の出前30分から始まり日の出とともにピークになりました。
観察できた野鳥:フクロウ、ミソサザイ、ウグイス、アカハラ、オオルリ、ホトトギス、ヤマガラ、ホオジロ、ビンズイ、ヒガラ、カッコウ、コマドリ、コルリ、アカゲラ、コゲラ
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸