ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
列島縦断野鳥情報

10月の観察記録(観察日:24〜30日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:ハクチョウの賑やかな声が朝晩と聞こえてきます。飛び立ち調査では、コハクチョウが7600羽確認されました。ヒドリガモやマガモの雄はきれいな羽色が目立ち始めてきました。ヨシ原からは、ベニマシコの声がよく聞こえてきます。

観察できた野鳥:キジ、オオヒシクイ、亜種ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、アオゲラ、モズ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、カシラダカ(計41種)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館しておりました野鳥観察舎「雁晴れ舎」は、6月19日より通常営業に戻りました。詳しくは、水の駅「ビュー福島潟」ホームページをご覧ください。
 
10月の観察記録(観察日:16日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)

コメント:秋の渡りの季節を迎え、今シーズン初めてアトリとマヒワの声を聞きました。毎年秋の渡りの途中で立ち寄るマミチャジナイは、クロツグミとともにミズキの梢で実を食べる姿が見られました。アオゲラがヤマブドウの実をついばんでいる姿も見ることができました。
野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴などを携帯ください。ピッキオでは鈴の無料レンタルもしています。

観察できた野鳥:コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、メジロ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、クロツグミ、マミチャジナイ、キビタキ、キセキレイ、アトリ、マヒワ、イカル、ホオジロ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は毎朝10:00出発と13:30出発の1日2回。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温とマスクを着用しての参加をお願いしています。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

 
10月の観察記録(観察日:20日|9:30〜12:00|晴れ)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:だいや川公園
 
 
 
コメント:日光市街地の手前にあるだいや川公園に行きました。よく晴れた日で空気が澄んでいるので日光連山がいつもより近くに見えます。川のそばなので、ハクセキレイ、セグロセキレイがいっしょにいるところを見ることができました。川原なのでカワラヒワの群れがいましたが、オオカワラヒワでした。この他、カケス、モズが秋らしい鳥ですが、今年初めてのジョウビタキにも会えて冬の近いことを知りました。
観察できた野鳥:ヒヨドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヤマガラ、カケス、ゴジュウカラ、セグロセ キレイ、モズ、キジバト、コゲラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、トビ、ハクセキレイ、コゲラ、ガビチョウ
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸