ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

7月の観察記録(観察日:20〜26日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:アブラゼミの声が聞こえ始め、ハスやオニバスの花が続々と開花しています。キジやカンムリカイツブリ、バンなどの親子が観察され、親鳥たちは子育てに忙しい様子を見せています。

観察できた野鳥:オシドリ、カルガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、カッコウ、トビ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、オオヨシキリ、コヨシキリ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオアカ(計25種)

 
7月の観察記録(観察日:17日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:エゾハルゼミの声も静かになり、森に野鳥たちのさえずりが戻ってきました。アオバトやキビタキ、オオルリ、センダイムシクイなどのさえずりが聞かれました。また、ヒナを連れたヤブサメの家族群に出会い、親鳥が目立つ枝でさえずっていました。シジュウカラの若鳥たちが主体となった大規模な混群にも出会いました。
野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴などを携帯下さい。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。
観察できた野鳥:オシドリ、カルガモ、キジバト、アオバト、コゲラ、サンショウクイ、カケス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、キバシリ、ミソサザイ、クロツグミ、キビタキ、オオルリ、イカル、ホオジロ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は、10:00出発と13:30出発の1日2回。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

 
6月の観察記録(観察日:8日|9:30〜15:00)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:光徳牧場周辺
 
 
 
コメント:当初は、中禅寺湖南岸を阿世潟まで歩く予定の観察会でした。ところが、先発隊から歌ヶ浜駐車場が満車との情報があり、急遽場所を光徳牧場に変更しての観察会となりました。くわえて雨の少ない奥日光のはずでしたが、雨のなかでのバードウォッチングでした。よかったのは、寒いためにエゾハルゼミが鳴くことなく、新緑のミズナラのでさえずるキビタキを堪能できたことでしょう。繁殖期の最盛期、鳥たちは元気でした。
観察できた野鳥:アカゲラ、ハシブトガラス、ツバメ、ハクセキレイ、ノスリ、オシドリ、キセキレイ、カッコウ、イカル、キビタキ、ウグイス、センダイムシクイ、アオゲラ、コゲラ
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸