ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
列島縦断野鳥情報

4月の観察記録(観察日:24〜30日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:潟周辺の田んぼに水が張られ始めました。トビの巣では雛が2羽確認され、親鳥がせっせと餌を運ぶ様子が見られています。
ヒバリやホオアカ、アオジのさえずりがよく聞こえ、水深の浅い所ではシギ類の確認も多くなりました。
28日にオオヨシキリが初認され、さっそく元気な声が聞こえてきました。
観察できた野鳥:キジ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、バン、オオバン、タゲリ、コチドリ、セイタカシギ、チュウシャクシギ、アオアシシギ、タカブシギ、トビ、チュウヒ、モズ、ハシボソガラス、カワセミ、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、クロツグミ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ、カシラダカ、アオジ、オオジュリン(計45種)
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため休館しておりました野鳥観察舎「雁晴れ舎」は、2020年6月19日より通常営業に戻りました。詳しくは、水の駅「ビュー福島潟」ホームページをご覧ください。
 
3月の観察記録(観察日:12日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)

コメント:曇り空でしたがそれほど寒くなく、森ではカラ類やホオジロ、ミソサザイ、カワガラス、キバシリ、そしてルリビタキのさえずりが響いていました。ルリビタキは春には繁殖地へと移動してしまいます。
軽井沢は4月になっても朝夕は冷え込みます。散策は防寒対策をしっかりと。晴れれば日中は暖かいので、調整可能な服装で。

観察できた野鳥:コゲラ、アカゲラ、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、カワガラス、ツグミ、ルリビタキ、ベニマシコ、ウソ、ホオジロ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は毎日10:00出発と13:30出発の1日2回。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温とマスクを着用しての参加をお願いしています。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

 

4月の観察記録(観察日:25日|9:30〜12:00)

栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:日光植物園
 
 
 
コメント:天候と新型コロナのおかげで中止が相次いでいた観察会、久し振りの開催です。好例の植物園です。過去には雪に降られたこともある時期なのですが、サクラは満開、新緑がまぶしいなかでのバードウォッチングでした。到着している夏鳥は、サンショウクイ、コサメビタキ、アマツバメなど。オオルリ、キビタキは遅れているようです。ただ、周辺では、クロツグミを加えて美声の夏鳥たちが記録されていますので、日光全体では夏鳥がそろっています。
観察できた野鳥:サンショウクイ、ヒガラ、ヤマガラ、シジュウカラ、キビタキ、コサメビタキ、キセキレイ、カワガラス、ヒヨドリ、カワラヒワ、モズ、トビ、キジバト、アマツバメ、コゲラ、アオサギ、カワウ、カルガモ、ウグイス、アオゲラ
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸