ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
列島縦断野鳥情報

12月の観察記録(観察日:17〜23日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:大雪の影響で一面雪景色となりました。日中でも潟に残るオオヒシクイやコハクチョウが多く見られ、雪の上で丸まっていました。園内ではアカゲラやアオゲラがコツコツと木を叩く音が聞こえたり、木々が多い所ではシジュウカラやシメがよく見られました。
観察できた野鳥:オオヒシクイ、亜種ヒシクイ、マガン、コハクチョウ、アメリカコハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、オオバン、タゲリ、セグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、アカゲラ、アオゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、アトリ、シメ、カシラダカ、オオジュリン(以上44種)
 
12月の観察記録(観察日:21日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)

コメント:軽井沢野鳥の森にも、雪が積もる季節になりました。雪の上にはキツネやリスなど、野生動物の足跡が残されていました。冬鳥はそれまで少なかったツグミの数も増え、シロハラや綺麗なベニマシコのオスも確認。森の所々で、カラ類の混群やキツツキにも出会いました。
厳冬期の軽井沢は、日中でも気温が氷点下の日があります。散策には暖かい服装や防寒ブーツでお越しください。車には冬タイヤが必要です。

観察できた野鳥:コゲラ、アカゲラ、アオゲラ、カケス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、シロハラ、ツグミ、ベニマシコ、シメ、イカル、ホオジロ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は12月から3月中旬まで朝10:00出発の1日1回。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、検温とマスクを着用しての参加をお願いしています。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やTwitter、またはお気軽にお電話下さい 。

 

9月の観察記録(観察日:21、28日)

栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:戦場ヶ原、小田代ヶ原
 
 
 
コメント:奥日光でもいつの間にか夏鳥の囀りが聴かれなくなりました。渡りの季節を迎え、ノゴマなど通過する鳥が姿を見せるようになっています。また、9月も下旬になって戦場ヶ原や小田代ヶ原では草紅葉が見ごろを迎えました。これから紅葉シーズンに突入し、日光は賑やかになります。
観察できた野鳥:ノビタキ、エナガ、シジュウカラ、ヒガラ、ゴジュウカラ、アオジ、ホオアカ、マガモ、カルガモ、ノスリ、コゲラ

お知らせ:戦場ヶ原歩道は工事により展望デッキ周辺が通行止めとなっていましたが、工事が終了し9月17日より通行できるようになりました。

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸