ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

5月の観察記録(観察日:25〜31日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:5月に入り汗ばむ陽気が多くなりました。ヨシ原からは、オオヨシキリの賑やかな声が聞こえ、ヒシやハスの葉も水面から顔を出し始めました。23日にはカッコウが、31日にはヨシゴイが初認され、夏の気配が近づいています。

観察できた野鳥:キジ、ヨシガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、バン、オオバン、カッコウ、ミサゴ、トビ、カワセミ、チョウゲンボウ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、オオヨシキリ、コヨシキリ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオアカ、アオジ(以上36種)

 
5月の観察記録(観察日:12日|9:30〜14:00)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:奥日光戦場ヶ原
 
 
 
コメント:地上では新緑の季節ですが、標高1,400mの戦場ヶ原周辺は、ちらほらと芽吹きが見られる程度、まだ早春です。そのため、いつもならば葉の陰にいる小鳥たちの姿もよく見えます。また、渡って来たばかりの夏鳥たちは、懸命になわばりを確保するためによくさえずってくれるので、見つけるのも簡単です。1年でもっとも素晴らしいバードウォッチングを楽しめる戦場ヶ原でした。このあと、カッコウ、ホトトギスなどが加わる初夏の戦場ヶ原は、また最高。まだまだ楽しめます。
観察できた野鳥:ノスリ、トビ、キビタキ、コサメビタキ、ノビタキ、エナガ、シジュウカラ、ヒガラ、コガラ、キセキレイ、ウグイス、ゴジュウカラ、ニュウナイスズメ、アオジ、アカハラ、ビンズイ、モズ、ミソサザイ、ハシブトガラス、コゲラ、アカゲラ、マガモ、カルガモ、アマツバメ、オオジシギ
 
5月の観察記録(観察日:14日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:森の木々も、低い木から順に緑の葉で覆われ、見通しが悪くなってきました。野鳥の姿も見つけにくくなり、声だけでの確認が増えてきました。メジロがクワコの繭から糸を取る姿が観察されました。巣材にするようです。森では小鳥たちの子育てシーズンが始まります。
野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴などを携帯下さい。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。
観察できた野鳥:キジバト、ツツドリ、コゲラ、アオゲラ、サンショウクイ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、クロツグミ、コルリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、キセキレイ、カワラヒワ、イカル、ホオジロ、ノジコ、アオジ

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は、10:00出発と13:30出発の1日2回。詳しくはホームページへ。森の最新情報はブログ「軽井沢ピッキオ日誌」やツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸