ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

7月の観察記録(観察日:31日)
東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)

コメント:7月1日に5羽確認されたキアシシギは、下旬頃になると、10羽を越える数が確認されました。徐々に、シギ・チドリの仲間の「秋の渡り」が始まっているようです。旅の途中で立ち寄ったのか、15日には、クサシギも確認されました。今後も、どのようなシギ・チドリの仲間が飛来するか、楽しみです。7月19日には、潮入りの池にカラシラサギが飛来しました!およそ、12年ぶりの記録です。カラシラサギが東京港野鳥公園に滞在した4日間、園内は大賑わいとなりました。他にも、アマサギやチュウサギといった夏のサギたちの姿も、もしかしたら見られるかもしれません。

観察できた野鳥:カルガモ、スズガモ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、コアジサシ、ハヤブサ、キジバト、ヒメアマツバメ、ハシブトガラス、ツバメ、イワツバメ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、スズメ(計22種)

東京港野鳥公園のホームページには最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
7月の観察記録(観察日:14日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)

コメント:ホトトギスの鳴き声を聞く頻度が少なくなってきました。ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ウグイス、ガビチョウなどの親子がよく見られ、混群になっていたりもします。カルガモの親子もミズキの谷で観察されました。その他、通過個体と思われるアオバト、サシバ、チョウゲンボウ、サンコウチョウ、コシアカツバメ、セッカなども確認しました。
野鳥以外では、6月のニイニイゼミに続き、7月17日にヒグラシ(昨年は6月30日)、7月23日にミンミンゼミ(7月13日)、7月30日にアブラゼミ(7月20日)が鳴き始めました。昨年は7月中に鳴き声が聞こえたツクツクボウシとクマゼミはまだ鳴き声は聞こえません。今年は気温の低い梅雨が長かったせいか、昨年に比べて全体的に遅いようです。
最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください。

観察できた野鳥:コゲラ、アオゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、スズメ、キセキレイ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ、ガビチョウ
※これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。
 
7月の観察記録(観察日:25日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:しばらく雨の日が続いていましたが、中旬を過ぎると太陽が顔を出し、ようやく夏らしくなってきました。森の中ではタマアジサイの花が咲き、ニイニイゼミやツクツクホウシの大合唱が聞こえてきます。アカコッコ館の観察コーナーでは、シチトウメジロやオーストンヤマガラ、アカコッコなどが水浴びにやってきています。島内の海岸では、タカブシギやキアシシギが見られました。秋の渡りが始まったようです。

観察できた野鳥:カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ホトトギス、アマツバメ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、ミサゴ、アオバズク、コゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、コジュケイ

日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏