ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国

 

 

 

列島縦断野鳥情報

4月の観察記録

東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)

コメント:春の渡りが始まりました。前浜干潟にはチュウシャクシギ(4月13日)、キョウジョシギ(4月27日)、キアシシギ(4月28日)が飛来しました。潮入りの池ではコアジサシ(4月23日)が魚を捕るために水中にダイブする様子を見ることができました。東淡水池の上空にはツバメ、イワツバメ、ヒメアマツバメが飛翔していました。また渡りの途中に立ち寄ったコムクドリ(4月10日)、オオルリ(4月21日)、センダムシクイ(4月22日)、キビタキ(4月23日)などの夏鳥たちも短い期間ですが確認され、渡り鳥たちで賑わったひと月となりました。
※( )の数字は今シーズンの初認日

観察できた野鳥:オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ウミウ、ゴイサギ、ササゴイ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クイナ、ヒクイナ、バン、オオバン、コチドリ、タシギ、チュウシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、コアジサシ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、キジバト、アマツバメ、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、サンショウクイ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ヒガラ、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、コムクドリ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、カワラヒワ、シメ、アオジ、オオジュリン(計81種)

東京港野鳥公園のホームページには、最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
4月の観察記録(観察日:10日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)
コメント:3月末には桜が満開になりました。
ツバメが3月24日(昨年は3月20日)に、シュレーゲルアオガエルの鳴き声も4月9日(昨年は3月27日)に確認され、 例年よりも少し遅く春がやってきたように感じます。
そんな森の中では、シロハラ、アカハラ、ツグミ、アオジなどの冬鳥の姿・声と、 ヤブサメ、センダイムシクイ(今年の初認3月29日、昨年は4月11日)の夏鳥の声が確認されました。 渡り途中のショウドウツバメも観察されるなど、 夏に向けて鳥たちが動きだしていることを実感することが出来ました。
観察できた野鳥:キジバト、トビ、コゲラ、リュウキュウサンショウクイ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ショウドウツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、エナガ、センダイムシクイ、メジロ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、キセキレイ、カワラヒワ、アオジ、コジュケイ、ガビチョウ(計22種)

最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください(これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。)。
来園される際には、新型コロナウイルス感染予防と感染拡大防止のための取組みにご協力お願いいたします。詳細はホームページ等をご確認ください。
 
4月の観察記録(観察日:20日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:島を代表する夏鳥のイイジマムシクイは3月28日、ウチヤマセンニュウは4月19日に渡ってきました。ほかアマツバメやツバメなども繁殖のためにやってきています。また、三宅島初記録となるシマアジやコシャクシギをはじめとして、三宅島に旅の疲れを癒すためにやってきたシギチやサギ類、オオルリやキビタキなども観察され、にぎやかになってきました。
夜はホッホッホと三宅島では留鳥となるアオバズクの声がよく聞こえてきます。もうしばらくするとホトトギスもやってきて、夜もさらににぎやかになる事でしょう。

観察できた野鳥:キジ、オシドリ、オナガガモ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、クロアシアホウドリ、アホウドリ、オオミズナギドリ、ハシボソミズナギドリ、オーストンウミツバメ、ヒメウ、ウミウ、ミゾゴイ、ゴイサギ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、クロサギ、オオバン、ツツドリ、アマツバメ、タゲリ、ムナグロ、コチドリ、メダイチドリ、タシギ、チュウシャクシギ、コシャクシギ、キアシシギ、イソシギ、ウミネコ、カンムリウミスズメ、ミサゴ、トビ、ノスリ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、ハヤブサ、サンショウクイ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、ムクドリ、コムクドリ、シロハラ、アカコッコ、ツグミ、コマドリ、ノビタキ、イソヒヨドリ、コサメビタキ、キビタキ、オオルリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、コジュケイ

来島の際は、感染対策のガイドラインの遵守をお願い致します。日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
☆★☆三宅島バードアイランドフェスティバル2022開催☆★☆
2022年4月16日(金)〜5月29日(日)の期間中、アカコッコ館では様々なイベントを開催します。島内の探鳥ポイントや代表的な野鳥をまとめたチラシをアカコッコ館ホームページで公開中。ぜひご覧ください。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏