ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国

 

 

 

列島縦断野鳥情報

8月の観察記録

東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)

コメント:8月19日にノスリ、8月23日にはオオタカ成鳥・幼鳥の2羽が観察されました。23日に飛来したオオタカ成鳥は食後なのか、胸が大きく膨らみ長い時間同じ枝で休んでいました。前浜干潟には新たに、ソリハシシギとキョウジョシギが飛来しました。キアシシギは8月4日には潮入りの池で50羽近く確認され、その後も連日20羽程いましたが、8月下旬以降は前浜干潟で2羽程度の確認が続いています。自然生態園では、8月20日に4号観察小屋の対岸付近でヨシゴイが確認されました。

観察できた野鳥:カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ヨシゴイ、ゴイサギ、ササゴイ、アマサギ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、コサギ、バン、イカルチドリ、コチドリ、セイタカシギ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ウミネコ、セグロカモメ、コアジサシ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、イワツバメ、ヒヨドリ、センダイムシクイ、メジロ、オオヨシキリ、ムクドリ、コムクドリ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ(49種)

東京港野鳥公園のホームページには、最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
8月の観察記録(観察日:27日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)
コメント:アブラゼミが7月24日(昨年は7月23日)、クマゼミが7月27日(7月14日)に鳴き始めこの森で毎年確認されているセミが出そろい、森の中はセミの声でいっそう賑やかになりました。
一方、鳥たちの鳴き声や姿はあまり目立ちませんが、アオゲラ、ハシブトガラス、メジロ、スズメ、コジュケイ、ガビチョウは鳴き声や姿を良く確認します。春から毎日のようにさえずっていたウグイスは今月下旬からほとんど声を聞かなくなりました。その他、キジバト、トビ、カラ類やヒヨドリなどを確認しています。
観察できた野鳥:カッコウ類、トビ、アオゲラ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、ガビチョウ(計8種)

最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください(これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。)。
来園される際には、新型コロナウイルス感染予防と感染拡大防止のための取組みにご協力お願いいたします。詳細はホームページ等をご確認ください。
 
8月の観察記録(観察日:1〜29日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:渡り鳥の仲間では7月末から確認されていたメダイチドリ、キアシシギに続いて、ムナグロ、キョウジョシギ、タカブシギなどもやって来ました。
一方留鳥たちも、冬に向けてなわばり争いをするイソヒヨドリやモズなどが賑やかになっています。この先もサギの仲間やセキレイの仲間などの渡り鳥もやって来てより賑やかになるでしょう。

観察できた野鳥:カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、ダイサギ、コサギ、クロサギ、ホトトギス、アマツバメ、ムナグロ、メダイチドリ、チュウシャクシギ、タカブシギ、キアシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、ウミネコ、ミサゴ、トビ、アオバズク、コゲラ、サンコウチョウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、イイジマムシクイ、メジロ、ウチヤマセンニュウ、ミソサザイ、アカコッコ、コマドリ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ(計40種)

来島の際は、感染対策のガイドラインの遵守をお願い致します。日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏