ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国

 

 

 

列島縦断野鳥情報

12月の観察記録

東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)

コメント:12月上旬にはオカヨシガモやヒドリガモなどカモ類が多く確認されていましたが、下旬になるとほとんどいなくなり、スズガモやホシハジロがそれぞれ十数羽いる程度になりました。連日オオタカやノスリ、ハイタカが見られ、オオタカが、カモ類を捕食する姿や、ハシブトガラスやトビから獲物を防衛する様子、ノスリの鳴き交わしなどを観察できました。また、ネイチャーセンター横の草地の刈り跡には、タヒバリの群れが飛来しました。普段は1羽〜2羽の確認ですが、この時は5羽以上を観察できました。その他、シメやイカルチドリ、トラツグミなどが見られました。

観察できた野鳥:オシドリ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、ヒメアマツバメ、イカルチドリ、タシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、ミサゴ、トビ、ツミ、ハイタカ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、ムクドリ、トラツグミ、シロハラ、アカハラ、ツグミ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、シメ、アオジ、クロジ、オオジュリン(計60種)

東京港野鳥公園のホームページには、最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
12月の観察記録(観察日:11日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)
コメント:コースには様々な樹種の葉が落ち、空気が澄んだ日には樹々の間からすっかり雪化粧の富士山が見えます。年末に近づいた早朝には氷点下が記録され、初霜や初氷も見られています。
寒さが厳しい季節となり、自然観察センターでは薪ストーブが大活躍中です。そんな森の中からは、賑やかなヒヨドリやシジュウカラ、ヤマガラ、メジロ、コゲラなどからなる混群の声や姿が良く確認されました。
12月に入りましたが暖かい日には、ウグイス、カワラヒワのさえずりを聞くことができました。この森で冬に見られるマガモ、シロハラ、アオジなども前月に続き良く見られています。そのほか、オシドリ、ツバメ、リュウキュウサンショウクイ、ルリビタキ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、ウソ、シメなども確認されました。
観察できた野鳥:キジバト、カワウ、トビ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、リュウキュウサンショウクイ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ジョウビタキ、カワラヒワ、アオジ、コジュケイ、ガビチョウ(計21種)

最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください(これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。)。
来園される際には、新型コロナウイルス感染予防と感染拡大防止のための取組みにご協力お願いいたします。詳細はホームページ等をご確認ください。
 
12月の観察記録(観察日:1〜31日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:ヤブツバキが花を咲かせ、そこにシチトウメジロが集まる季節になりました。オオバンは、11月の84羽から徐々にその数を減らし、12月下旬には34羽になりました。例年、ピーク時は100羽以上になることも多いオオバンですが、今年度は比較的少ない結果となりました。
そのほか、11月からしばしば確認されていたザトウクジラが、12月に入り盛んに観察されるようになりました。

観察できた野鳥:コハクチョウ、ヒドリガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、カワアイサ、カイツブリ、カラスバト、キジバト、カツオドリ、ウミウ、アオサギ、バン、オオバン、ヤマシギ、イソシギ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、トラツグミ、シロハラ、コマドリ、ルリビタキ、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、アトリ、カワラヒワ、ホオジロ、アオジ、クロジ(計48種)

来島の際は、感染対策のガイドラインの遵守をお願い致します。日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏