ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

9月の観察記録(観察日:27日)
東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)

コメント:9月に入り、シギ・チドリの秋の渡りも終盤に差し掛かっています。一方で、草地を利用するノビタキや、普段は樹林地などで暮らすコサメビタキやキビタキなどの小鳥が渡りの途中で飛来し、シジュウカラやメジロの群れに混じって行動しています。また、カモの仲間も少しずつ飛来しています。今年は9/3にヒドリガモとオナガガモが最初に飛来し、その後もコガモ、ホシハジロと続いています。夏鳥と冬鳥が入れ替わる季節、これからどんな野鳥が飛来するのか、楽しみな日々は続きます。

観察できた野鳥:ヒドリガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、アオアシシギ、キアシシギ、イソシギ、トビ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、シジュウカラ、イワツバメ、ヒヨドリ、メジロ、ムクドリ、エゾビタキ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ(計30種)

東京港野鳥公園のホームページには最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
9月の観察記録(観察日:8日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)

コメント:上旬は豪雨や台風に見舞われ、倒れてしまった樹木も多く、森の様子が少し変わってしまいました。しかし、生き物たちは無事です。ピクニック広場やモンキチョウの広場などの草地では、例年同様に、ショウリョウバッタやツチイナゴなどのバッタ類がたくさん見られました。オオカマキリやコカマキリ、もっと小さいヒナカマキリなどのカマキリ類も見られました。
上旬はまだツバメが見られましたが、下旬になると、モズの高鳴きが聞こえ、秋の渡り途中のエゾビタキなどの確認が増えてきました。
その他、ヒメアマツバメ、サシバ、チョウゲンボウ、チゴハヤブサ、マミチャジナイ、キビタキなども確認されています。
最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください。

観察できた野鳥:キジバト、トビ、サシバ、コゲラ、アオゲラ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ウグイス、エナガ、メジロ、コジュケイ、ガビチョウ
※これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。
 
9月の観察記録(観察日:26日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:モズの高鳴きが目立ってきた一方で、下旬頃からイイジマムシクイのさえずりが聞こえなくなりました。8月に続き、島内には様々な渡り鳥がやってきています。タシギやチュウシャクシギといったシギの他に、サンコウチョウやエゾビタキも確認しました。大路池では、カワセミやコガモ、サギの仲間が見られるようになり、再びにぎやかになってきました。来月には水鳥がもっと増えていることでしょう。

観察できた野鳥:コガモ、カラスバト、キジバト、ゴイサギ、クイナ、クロハラアジサシ、ミサゴ、トビ、アオバズク、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、アカコッコ、イソヒヨドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ、コジュケイ

日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏