ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

3月の観察記録(自然学習林、春国岱、風蓮湖)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:オオハクチョウは、3月中下旬に飛来数調査を行い、結果は過去5年の平均値(約2,100羽)に近い1,986羽数となりました。次第に繁殖地の北方へ向けて渡っていきますが、4月中は少数が見られます。ヒバリとハクセキレイが、3月下旬に例年通り飛来しました。4月中旬以降には、オオジシギ、ノビタキ、アオジなどの夏鳥が渡って来るでしょう。

観察できた野鳥:オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、クロガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、タンチョウ、ハマシギ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ツグミ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、マヒワ、シメ(43種類)

最新情報は春国岱ネイチャーセンターのフェイスブックをご覧ください。
 

3月の観察記録(観察日:24日)

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:湖面はすっかり解氷し、オジロワシやオオワシの姿は対岸の木や岸辺、上空に限られるようになりました。水辺の鳥は、コハクチョウ、ホシハジロ・アオサギ、スズガモと順に初認され、オナガガモは3千羽近くになる日もあるなど、種類や数が日に日に増えています。一方、マガンやヒシクイなどのガン類は、3月中旬を境に羽数が減少中。次のねぐらへ移動しているようです。林では、カラ類のさえずりが聞こえ、カワラヒワも確認されるようになりました。自然観察路の雪はほぼ融け、少しぬかるむ所もありますが歩きやすくなっています。是非、散策へどうぞ。

観察できた野鳥:ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ(外来種)、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カワウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、シロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ノスリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、スズメ、ハクセキレイ、ベニマシコ(34種類)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリホームページ「最新自然情報」に掲載しています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道