ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国

 

列島縦断野鳥情報

1月の観察記録(春国岱、風蓮湖、東梅自然学習林)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:春国岱周辺では、ハギマシコの群れが観察されました。木道や駐車場周辺のハマハタザオやエゾオグルマの種子で採餌していました。根室湾では、カモ類とカモメ類がよく見られました。
東梅自然学習林では、ハシブトガラとゴジュウカラのさえずりが聞かれました。ネイチャーセンター前の前浜湿地では、根室では珍しいホオジロを観察しました。

オオハクチョウ、スズガモ、シノリガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、ユリカモメ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、オオアカゲラ、アカゲラ、クマゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、ヒヨドリ、ゴジュウカラ、ツグミ、ハギマシコ、ホオジロ(計30種)

最新情報は春国岱ネイチャーセンターfacebookをご覧ください。
 

1月の観察記録

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:厳冬期に入った1月のウトナイ湖。例年通り確認種数は最も少なくなりました。12月には確認されていたハクガンが混じるマガンの群れも近郊の結氷していない水面に移動したのか、観察頻度は少なくなりました。ワシ類は昨年同時期に比べやや少ない印象ですが、勇払原野一帯で多く確認されています。ウトナイ湖よりも生息条件が良い場所があるようです。林内ではカラ類の混群にキバシリ、エナガが混じり散策される方の目を楽しませています。ウトナイ湖周辺では珍しい主としてトラツグミが確認されています。越冬個体なのでしょうか。今年度初の確認になりました。通常、広葉樹林に生息する野鳥なのでウトナイ湖周辺の草原に越冬のために飛来したものと思われます。

観察できた野鳥:マガン、ハクガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ダイサギ、オオバン、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、ノスリ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、トラツグミ、ツグミ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、ウソ(計40種)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのホームページをご覧ください。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道