ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国

 

列島縦断野鳥情報

10月の観察記録(春国岱、風蓮湖、東梅自然学習林)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:風蓮湖にオオハクチョウが渡ってきました。10月12日が初認だったのですが、例年と比べ2日遅い記録となりました。10月22日の今季1回目のオオハクチョウカウント調査では、風蓮湖・温根沼内で392羽を記録しました。オオハクチョウの数は、これから増えていくと思います。
春国岱の森では、10月27日にイスカ1羽の声が聞こえました。その後、根室市内の公園でも20羽ほどの群が観察されました。

ヒシクイ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、アビ、ヒメウ、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、ムナグロ、メダイチドリ、ミヤコドリ、ミユビシギ、ウズラシギ、ハマシギ、ミツユビカモメ、ユリカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、クマゲラ、ハヤブサ、モズ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ウグイス、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、イスカ、ウソ、アオジ、オオジュリン(計69種)

最新情報は春国岱ネイチャーセンターfacebookをご覧ください。
 

10月の観察記録

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:10月のウトナイ湖は水鳥の種類が増えたこともあり、72種が確認されました。9月に初認を迎えたマガン、ヒシクイは18日にそれぞれ4,150羽、1,040羽が確認され、それ以降も数千羽が断続的に確認されています。ハクチョウ類ではコハクチョウが7日、オオハクチョウが11日に初認となり、少しずつ増加してきた観光客の目を楽しませています。そのほか、今秋の特徴としてはオオバンがとても多く17日に240羽を記録、ちょうどセンター正面の湖上に群れることが多く、観察に適した状況でした。シジュウカラガンも散見されており、10〜30羽の群れがガン類の群れに交じり観察されています。

観察できた野鳥:ヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、コブハクチョウ、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、ムナグロ、ツルシギ、アオアシシギ、ユリカモメ、ミサゴ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、アカゲラ、ヤマゲラ、ハヤブサ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、キクイタダキ、ハシブトガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、オオムシクイ、エゾムシクイ、メジロ、コヨシキリ、ゴジュウカラ、キバシリ、クロツグミ、アカハラ、ツグミ、ノゴマ、コサメビタキ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン(計72種)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターのホームページをご覧ください。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道