ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

11月の観察記録(自然学習林、春国岱、風蓮湖)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:秋期のオオハクチョウの飛来数は、風蓮湖・温根沼合わせて約1,500羽程度で、例年に比べて少ないシーズンとなりました。ヤマゲラが東梅自然学習林で3回確認されました。この地では大変珍しい記録でした。木を突いたり、ツタウルシの実を食べていました。オオワシは、最大で9羽見られる日がありましたが、確認された日数は数えるほどでした。飛来数はこれから年明けの2月にかけてどんどん増えてくるでしょう。

観察できた野鳥:オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、キンクロハジロ、スズガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、コオリガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、アビ、ウミウ、アオサギ、タンチョウ、ムナグロ、イソシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、カモメ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、チュウヒ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、ヤマゲラ、ハヤブサ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、ツグミ、スズメ、カワラヒワ

最新情報は春国岱ネイチャーセンターのフェイスブックをご覧ください。
 

11月の観察記録(観察日:22日)

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンター
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:11月は全59種を確認しました。
上旬の湖は、マガン6,000羽、マガモ400羽、オナガガモ340羽、オオバン275羽、ダイサギ52羽など、水鳥たちで水面はにぎわっていました。その後、徐々に水鳥の渡りの数は落ち着き、下旬にはマガンが約200羽など、水鳥の合計が1,000羽を超えることが少なくなっていきました。一方で湖周辺では、オオワシが11月9日に初認されて以降、徐々に観察頻度が高くなっていきました。
また、キハダの木の実を食べにくるツグミなどを頻繁に観察できました。

観察できた野鳥:ヒシクイ、マガン、コブハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ウミアイサ、カイツブリ、カワウ、ダイサギ、オオバン、トビ、オジロワシ、コゲラ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、エナガ、ゴジュウカラ、ツグミ、ハクセキレイ(29種類)

ネイチャーセンターの窓からは、センダイムシクイ、クロツグミ、アオジ、ベニマシコなどを観察することができます。最新情報はこちらをご覧ください
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道