ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

5月の観察記録(観察日:22、26日:トンボの湿地コース・ムササビの森コース)
豊田市自然観察の森
〒471-0014 愛知県豊田市東山町4-1206-1
Tel: 0565-88-1310 Fax: 0565-88-1311
 
豊田市自然観察の森
場所:豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)
コメント:夏鳥はキビタキ、サンコウチョウ、サンショウクイ、センダイムシクイ、ヤブサメ、ツバメ、ホトトギスが観察されています。26日にはオオムシクイがさえずっていました(通過)。他にはカイツブリ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、スズメなどの親子が見られています。ムササビの巣箱にカメラを設置しており、その巣箱に入っている時には、エントランスのモニターテレビで映しています。
観察できた野鳥:アオゲラ、アオバト、イワツバメ、ウグイス、オオムシクイ、カイツブリ、カルガモ、キビタキ、コゲラ、サンコウチョウ、サンショウクイ、シジュウカラ、スズメ、セグロセキレイ、センダイムシクイ、ツバメ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ホトトギス、メジロ、ヤブサメ、ヤマガラ、コジュケイ
 
5月の観察記録(観察日:24日)
弥富野鳥園
〒498-0067 愛知県弥富市上野町2-10
Tel: 0567-68-2338 Fax: 0567-68-4820
 
弥富野鳥園
場所:愛知県弥富野鳥園(愛知県弥富市)
コメント:カルガモの親子が増えてきました。24日の調査では深池内に3組の親子がおり、全部で21羽のヒナを確認しました。カワウの営巣は今年はあまり多くありませんが、巣立ちを迎えた幼鳥が営巣地内の樹木に止まっている姿を見かけるようになりました。観察鳥種は減ってきましたが、保護地内ではオオヨシキリ、セッカ、ホオジロ、カワラヒワ、樹林地内ではシジュウカラなどが園内を賑わしてくれています。

観察できた野鳥:オカヨシガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、カイツブリ、カワウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、セッカ、ムクドリ、スズメ、カワラヒワ、ホオジロ

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海