ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

11月の観察記録(観察日:20、27日:トンボの湿地コース・ムササビの森コース)
豊田市自然観察の森
〒471-0014 愛知県豊田市東山町4-1206-1
Tel: 0565-88-1310 Fax: 0565-88-1311
 
豊田市自然観察の森
場所:豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)
コメント:上池のカモ類は多く、マガモとコガモ合わせて80羽くらいいました。20日にはウソが初認され、イカルも小群がよく飛んでいます。下旬にはルリビタキもやや増えてきて、27日にはオスとメスの小競り合いが見られました。カラ類の混群が見られ始めていますが、まだあまり大きな群れには出会っていません。イノシシが年々増えており、日中出会ってしまう可能性もありますので、特に朝方や夕方はお気をつけください。
観察できた野鳥:アオジ、イカル、ウグイス、ウソ、エナガ、カイツブリ、カケス、カルガモ、カワセミ、キジバト、キンクロハジロ、クロジ、コガモ、コゲラ、ジョウビタキ、ダイサギ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、ホオジロ、マガモ、メジロ、ヤマガラ、ルリビタキ、ソウシチョウ
 
11月の観察記録(観察日:30日)
弥富野鳥園
〒498-0067 愛知県弥富市上野町2-10
Tel: 0567-68-2338 Fax: 0567-68-4820
 
弥富野鳥園
場所:愛知県弥富野鳥園(愛知県弥富市)
コメント:数日前は1、2羽しか確認できていなかったツグミがようやく群れとなって飛来してきて、小公園の樹木や電線に止まっている姿を見かけるようになりました。樹林地内でもシロハラやアオジ、クロジの地鳴きが聴こえるようになり、アシ原ではオオジュリンの姿もよく見かけるようになりました。まだまだ暖かい日が続いていますが、園内の野鳥を調査すると確実に冬に向かっていることを実感します。カモ類ではハシビロガモが129羽、マガモが53羽、コガモが26羽を深池で確認しました。また、ミコアイサ1羽、今冬初認です。

観察できた野鳥:マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、クサシギ、イソシギ、オオタカ、ノスリ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、オオジュリン

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海