ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

10月の観察記録(観察日:3、9日:トンボの湿地コース・ムササビの森コース)
豊田市自然観察の森
〒471-0014 愛知県豊田市東山町4-1206-1
Tel: 0565-88-1310 Fax: 0565-88-1311
 
豊田市自然観察の森ホームページ
場所:豊田市自然観察の森(愛知県豊田市)
コメント:上旬はまだツクツクボウシが元気に鳴いていました。他にはササキリの仲間やエンマコオロギ、カネタタキなどがよく鳴いています。9日には、ヨシの湿地の上空をアサギマダラが1匹飛んでいました。10月7日にマガモが6羽初認されました。コガモ、オシドリ、キンクロハジロなどもこれから渡ってくるでしょう。
観察できた野鳥:アオゲラ、アオサギ、イカル、ウグイス、エナガ、カワセミ、キセキレイ、コゲラ、シジュウカラ、ハクセキレイ、ハシブトガラス、ヒヨドリ、メジロ、ヤマガラ
 
10月の観察記録(観察日:26日)
弥富野鳥園
〒498-0067 愛知県弥富市上野町2-10
Tel: 0567-68-2338 Fax: 0567-68-4820
 
弥富野鳥園ホームページ
場所:愛知県弥富野鳥園(愛知県弥富市)
コメント:カモ類が増えてきました。特にコガモが多く、26日の調査では342羽確認しました。他のカモ類も10月に入り、続々と飛来してきています。オオバンも数が 少しずつ 増え、現在約20羽。この時季に毎年観られるハジロカイツブリはまだ確認できておりません。タカ類ではノスリが2、3羽、もうすでに野鳥園に定着したようで、ほぼ毎日観られるようになりました。小鳥類では10月中旬にやってきたジョウビタキが園内各所で観察できるようになりました。メジロも日に日に増えてきており、シジュウカラなどと共に小公園内を元気良く飛び回っています。

観察できた野鳥:ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、オオバン、イソシギ、ミサゴ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、アカゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ジョウビタキ、スズメ、カワラヒワ(2030種)

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 東海