ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

5月の観察記録

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:5月に入り日に日に植物の緑が色濃くなってきました。田植えの終わった田んぼではシギ類が観察され、カッコウやコヨシキリなど夏鳥も続々と初認されました。ヨシ原では、オオヨシキリの元気な声が賑やかに聞こえています。

観察できた野鳥:キジ、ヒドリガモ、カルガモ、ホシハジロ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、チュウサギ、バン、オオバン、カッコウ、コチドリ、セイタカシギ、ミサゴ、トビ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒバリ、ツバメ、オオヨシキリ、コヨシキリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ホオアカ、アオジ、コジュリン(計34種)

 
5月の観察記録(観察日:13日|9:00〜14:30)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:奥日光戦場ヶ原
 
 
 
コメント:歩き始めると同時に雨が降り出す観察会となりました。まだ芽吹きが始まったばかりの戦場ヶ原は、しっとりとした雰囲気に包まれていました。それでも、渡ってきてばかりの夏鳥たちは元気に歓迎してくれ、会えるはずの鳥たちの顔ぶれはそろっていました。これから、最高のシーズンを迎える戦場ヶ原の魅力をいち早く楽しむことができました。
観察できた野鳥:ビンズイ、ノビタキ、アカハラ、ウグイス、キビタキ、コサメビタキ、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ホオアカ、アオジ、ニュウナイスズメ、コゲラ、オオジシギ、マガモ、カルガモ、オシドリ、カワウ、キジバト、カッコウ、ツツドリ、イカル、ゴジュウカラ
 
4月の観察記録(観察日:24日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:夏鳥が渡来し、一気に観察される種類数が増えました。オオルリはメスも到着し、オスが早速アプローチをしていました。一方で、冬鳥のツグミもまだ確認されました。留鳥ではコガラが枯木に巣穴を掘り、抱卵のため尾羽が曲がったエナガも見られました。
軽井沢は5月に入っても最低気温が10℃以下になる日がありますので、防寒はしっかりと。また野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴等の携帯を。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。
観察できた野鳥:コゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、ツグミ、ルリビタキ、シメ、イカル

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は10:00出発と13:30出発の1日2回。4月27日〜5月21日には、朝5:00出発の「早朝バードウォッチング」も開催。詳しくはホームページへ。森の最新情報は軽井沢野鳥の森ブログツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸