ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

12月の観察記録(観察日:23日〜29日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」ホームページ
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:12月に入り、寒さが厳しくなり時折潟の水面が一部凍結する様子も見られました。潟内ではオジロワシがカモを狙って飛ぶ様子や、ホオジロやカシラダカがエサを探して動き回る様子が見られます。朝の飛び立ちでは、オオヒシクイやマガンの賑やかな声が響いています。

観察できた野鳥:キジ、オオヒシクイ、マガン、コハクチョウ、オオハクチョウ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、トモエガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、タゲリ、セグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ハイイロチュウヒ、オオタカ、ノスリ、カワセミ、アカゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ムクドリ、ツグミ、スズメ、カワラヒワ、シメ、ホオジロ、カシラダカ(以上47種)

 
7月の観察記録(観察日:9日|8:30〜15:40)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会ホームページ
場所:金精峠(群馬県片品村)
 
 
 
コメント:標高の低い山では、そろそろ野鳥たちが静になる季節、亜高山帯ではまだにぎやかです。標高2,000mの金精峠です。3年前の大雨で、登山道がかなり荒れましたが、修復されて少しは歩きやすくなりました。天気に恵まれたなか、コマドリ、ルリビタキ、メボソムシクイなどの亜高山帯の野鳥に会うことができました。いつもは、途中で引き返すのですが、今回は金精峠まで行き、素晴らしい展望も楽しむことができました。
観察できた野鳥:オオルリ、ルリビタキ、アマツバメ、イワツバメ、キセキレイ、キジバト、トビ、ミソサザイ、コマドリ、メボソムシクイ、キクイタダキ、クロジ、キバシリ、ヒガラ、ウグイス、ホシガラス、キビタキ
 
12月の観察記録(観察日:16日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンターホームページ
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:野鳥の森では珍しく、トラツグミを確認しました。また、顔の黄色が美しいミヤマホオジロ♂も確認。アトリは200羽近い大きな群れでした。そして久しぶりに、ニホンカモシカにも出会いました。
1月・2月の軽井沢は、日中でも気温が氷点下の日もあります。防寒はしっかりと、車は冬タイヤ等をご用意下さい。
観察できた野鳥:コゲラ、アカゲラ、ハシブトガラス、コガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、カワガラス、トラツグミ、ツグミ、ルリビタキ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、イカル、ホオジロ、ミヤマホオジロ
「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は12月から3月まで、10:00出発の1日1回。詳しくはホームページへ。森の最新情報は軽井沢野鳥の森ブログツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸