ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

3月の観察記録(観察日:24〜31日)

水の駅「ビュー福島潟」
〒950-3328 新潟県新潟市前新田乙493
Tel: 025-387-1491 Fax: 025-384-1200
 
水の駅「ビュー福島潟」
場所:福島潟(新潟県新潟市)
コメント:3月に入り、暖かな日が続き春の草花が徐々に顔を出し始めてきました。ヒバリやカワラヒワ、アオジなどのさえずりが元気よく聞こえてきています。20日にはツバメが初認され、春の訪れを感じられます。

観察できた野鳥:キジ、オオヒシクイ、オカヨシガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、 コチドリ、ミサゴ、トビ、チュウヒ、オオタカ、ノスリ、アカゲラ、チョウゲンボウ、ハヤブサ、モズ、オナガ、ハシボソガラス、シジュウカラ、ツバメ、 ヒバリ、ムクドリ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、アトリ、カワラヒワ、ベニマシコ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、コジュリン、オオジュリン(計48種)

 
3月の観察記録(観察日:4日|8:30〜16:00)
栃木県日光 日光野鳥研究会
日光野鳥研究会
場所:奥日光スノーシュー
 
 
 
コメント:奥日光の湯滝から泉門池、さらに赤沼まで、スノーシューで歩きながら鳥を探しました。ただ、木道のあるところはスノーシューをはずして歩けました。太陽の光が雪に反射してまぶしいなかでのバードウォッチングでした。カワガラスやキバシリがさえずり、コガラが早春特有の鳴き声を出していました。今まで何度もスノーシューの観察会を行っていますが、上着を脱ぎ手袋をはずすほどの暖さは初めてでした。
観察できた野鳥:カワガラス、コゲラ、コガラ、エナガ、アカゲラ、ゴジュウカラ、シジュウカラ、
マガモ、ヒドリガモ、コガモ、オオバン、ホシハジロ、トビ、アオサギ、キバシリ
 
3月の観察記録(観察日:22日)
軽井沢野鳥の森
ピッキオビジターセンター
〒389-0194 長野県北佐久郡軽井沢町星野
Tel: 0267-45-7777 Fax: 0267-46-6666
 
軽井沢野鳥の森/ピッキオビジターセンター
場所:軽井沢野鳥の森(長野県北佐久郡軽井沢町)
コメント:前日に雪が積もり、雪から変わった小雨が降る中での調査となりました。それでもカラ類やキバシリ、ミソサザイ、イカルなどは、雪景色の中さえずりを響かせていました。地面が雪で覆われてしまったので、ルリビタキが沢に降りて虫を捜していました。
軽井沢は4月に入っても最低気温が氷点下になる日があり、雪が舞うこともありますので、防寒はしっかりと。また野鳥の森はツキノワグマの生息地です。散策の際は鈴等の携帯を。ピッキオではクマ鈴の無料レンタルもしています。
観察できた野鳥:コゲラ、カケス、ハシブトガラス、コガラ、ヤマガラ、ヒガラ、シジュウカラ、エナガ、ゴジュウカラ、キバシリ、ミソサザイ、ツグミ、ルリビタキ、シメ、イカル

「野鳥の森ネイチャーウォッチング」は10:00出発と13:30出発の1日2回。4月27日〜5月21日には、朝5:00出発の「早朝バードウォッチング」も開催。詳しくはホームページへ。森の最新情報は軽井沢野鳥の森ブログツイッター、またはお気軽にお電話下さい 。

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 関東甲信越・北陸