ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 近畿
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

 

12月の観察記録(観察日:15日)

姫路市自然観察の森
〒671-2233 兵庫県姫路市太市中915-6
Tel: 0792-69-1260 Fax: 0792-69-1270
 
姫路市自然観察の森ホームページ
場所:姫路市自然観察の森(兵庫県姫路市)
コメント:今年はコナラの紅葉(黄葉)が鮮やかだったが、その葉もほとんど散り、森は見通しがよくなっている。冬鳥では、シロハラの数がこのところ増えてきた。また、目だって多いということはないがキクイタダキにもよく出会う。ルリビタキの青いオスには今季まだ出会っていない。

観察できた野鳥:カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、トビ、コジュケイ、キジバト、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、カシラダカ(初認)、ホオジロ、アオジ、クロジ、アトリ、カワラヒワ、シメ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、コジュケイ

 

12月の観察記録

高島市新旭水鳥観察センター
〒520-1531 滋賀県高島市新旭町饗庭1600-1
Tel & Fax: 0740-25-5803
 
高島市新旭水鳥観察センターホームページ
場所:高島市新旭水鳥観察センター(滋賀県高島市)
コメント:カモも秋のような大きな群れはご無沙汰ですが、比較的多く見られるのがキンクロハジロ。ホシハジロ・カンムリカイツブリ・スズガモとともに、センター前によく帯状に群れています。コハクチョウのペアが時々見られています。22日は成鳥3羽+幼鳥1羽が沖を泳いでいきました。ホオジロガモ、カワアイサは浮島周辺や木津浜に。ヒドリガモ達が浜に上がり、ヨシガモが沖を泳いでいます。沖を進む「黒い線」はハジロカイツブリの集団。センター前の湾では、単独行動派が1羽で潜水をくり返しています。
雪が降る季節になりました。防寒と、履物選びにはご注意ください。

観察できた野鳥:ダイサギ、マガモ、コガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、オオバン、ヨシガモ、カワアイサ、ヒドリガモ、コハクチョウ、オナガガモ、ハジロカイツブリ、ミコアイサ、スズガモ、ホオジロガモ、オカヨシガモ、ノスリ、ハイタカ、オオタカ、チュウヒ、ミサゴ、アカゲラ、ホオジロ、アオジ、ベニマシコ、イカル、カシラダカ、ユリカモメ

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 近畿