ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 近畿
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄
列島縦断野鳥情報

 

3月の観察記録(観察日:14日)

姫路市自然観察の森
〒671-2233 兵庫県姫路市太市中915-6
Tel: 0792-69-1260 Fax: 0792-69-1270
 
姫路市自然観察の森
場所:姫路市自然観察の森(兵庫県姫路市)
コメント:これまでの寒さから一転、汗ばむ陽気となったこの日、ツバメを例年より10日ほど早く確認した。またこの時期、数が減ってしまっているメジロがさえずり始めた。冬鳥ではジョウビタキを一度も見ず、シロハラも一月前に比べるとずいぶん少なくなった。逆に冬の間まったく見なかったマヒワやホオジロガモが見られ、鳥の移動が始まっている事を実感した。

観察できた野鳥:カイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、アオサギ、カルガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ホオジロガモ、トビ、オオバン、キジバト、アオゲラ、コゲラ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、ルリビタキ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、クロジ、アトリ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

 

3月の観察記録

高島市新旭水鳥観察センター
〒520-1531 滋賀県高島市新旭町饗庭1600-1
Tel & Fax: 0740-25-5803
 
高島市新旭水鳥観察センター
場所:高島市新旭水鳥観察センター(滋賀県高島市)
コメント:水際の草地を動き回っているのは、ベニマシコやホオジロの小群など。ジョウビタキのメスも、観察室のすぐ前までやって来ます。観察室前は泥や植物片が打ち寄せられて、日々姿を変えています。上陸したオオバンやマガモが、水際を歩き回って採食しています。
3月10日にイワツバメを初認。弱い雨と強めの風の中、浮島前を10羽以上飛び回っていました。3月11日にはツバメを初認、数は10羽ほど。いつもより波立つ湖面の上を、自在に飛び回っていました。

観察できた野鳥:シロハラ、オオジュリン、シジュウカラ、ヒレンジャク、キレンジャク、ジョウビタキ、ベニマシコ、ツバメ、イワツバメ、コゲラ、アカゲラ、アオジ、ホオジロ、ツグミ、モズ、ウグイス、イカル、カワセミ、キンクロハジロ、カンムリカイツブリ、ホシハジロ、スズガモ、ヨシガモ、カルガモ、オオバン、カイツブリ、コガモ、カワウ、ヒドリガモ、ハジロカイツブリ、ハシビロガモ、メジロガモ、マガモ、オカヨシガモ、アオサギ、ダイサギ、ミサゴ(計37種)

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 近畿