ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

8月の観察記録(観察日:28日)
東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)
コメント:8月は野鳥公園で年に何度かしか見られない野鳥の飛来がいくつかありました。2日にはアカガシラサギの成鳥が東淡水池から自然生態園方向の間を飛ぶ姿が確認されました。昨年は5月・8月・12月と、何度か出現しているので、もしかしたらまた飛来するかもしれません。7日にはチョウゲンボウの成鳥1羽が幼鳥3羽と共に飛来し、同時に4羽確認できました。10日以降には夏鳥のサシバが数回確認されています。どこかで繁殖した個体がやってきたのでしょうか。12日には、野鳥公園では珍しいアオバトが潮入りの池に飛来しました。
また、シギ・チドリの秋の渡りが8月上旬頃からはじまっています。アオアシシギ(3日)を皮切りに、オグロシギ(4日)、ダイゼン(7日)、セイタカシギ(7日)、ソリハシシギ(14日)、イカルチドリ(14日)、トウネン(21日)が飛来しました。
昨年はアオアシシギやキアシシギ、セイタカシギなどが10月頃まで飛来していました。種数は徐々に減り始める時期ですが、まだまだシギ・チドリ観察は楽しめます。※( )は初認日。

観察できた野鳥:カルガモ、キンクロハジロ、カイツブリ、カワウ、ササゴイ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、コチドリ、キアシシギ、ソリハシシギ、イソシギ、キョウジョシギ、キジバト、ヒメアマツバメ、カワセミ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ムクドリ、スズメ、ハクセキレイ(24種)

東京港野鳥公園のホームページには最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
9月の観察記録(観察日:9日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)

コメント:上旬はまだ暑い日が多く、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、アブラゼミがよく鳴いていましたが、下旬になると涼しい日も増えてきて、セミの声が聞こえない日も出てきました。先月と比べるとエナガやシジュウカラの鳴き声がよく聞こえるようになりました。ウグイスはさえずりから地鳴きに変わり、夏鳥のツバメが見られなくなった代わりに秋の渡り途中のエゾビタキやコサメビタキ、ツツドリが時々見られるようになりました。その他、アオバト、アマツバメ、サシバ、キセキレイなども確認されています。

最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください。

観察できた野鳥:キジバト、アオサギ、ミサゴ、トビ、サシバ、カワセミ、コゲラ、アオゲラ、ハヤブサ、サンコウチョウ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メボソムシクイ、メジロ、コジュケイ、カワラバト(ドバト)、ガビチョウ
※これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。
 
9月の観察記録(観察日:28日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:中旬ごろから気温が落ち着き、モズの高鳴きが聞こえるようになり、秋らしくなってきました。シギに続いてカモの渡りも始まり、25日に大路池でコガモ、27日に釜方海岸でオナガガモを確認しました。ほかにもチョウゲンボウやキセキレイ、ハクセキレイ等が見られています。一方で夏鳥のウチヤマセンニュウが2日、イイジマムシクイは16日が終認でした。鳥たちが入れ替わり、再びにぎやかになってきました。

観察できた野鳥:オナガガモ、カラスバト、キジバト、オオミズナギドリ、ウミウ、セイタカシギ、イソシギ、ミサゴ、アオバズク、カワセミ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、アカコッコ、イソヒヨドリ、スズメ、キセキレイ、ハクセキレイ、ホオジロ、コジュケイ

日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏