ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

12月の観察記録(観察日:27日)
東京港野鳥公園
〒143-0001 東京都大田区東海3-1
Tel: 03-3799-5031 Fax: 03-3799-5032
 
東京港野鳥公園ホームページ
場所:東京港野鳥公園(東京都大田区)
コメント:紅葉していた木々の葉が落ち、小鳥達の姿が見つけやすくなりました。その鳥達の声を聞いて立ち止まると、次々にシジュウカラやメジロなどがやってきます。この「混群」という小鳥の群れが、園内のあちこちで見られるようになりました。
各池の周辺樹林帯では猛禽類の目撃情報が相次ぎました。オオタカやノスリをはじめに、ハイタカやミサゴなどが観察されています。各池でカモの仲間を観察する際は周りの木々も要チェックです。
また3号観察小屋から見える西淡水池ではヨシガモが確認されました。緑色光沢の頭に換羽し終わったオスは2羽いるようです。真ん中にある島の奥側水面で寝ていることが多いので、なかなか見つからないときは池の奥までよく観察してみてください。

観察できた野鳥:オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、イソシギ、セグロカモメ、トビ、オオタカ、ノスリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、モズ、オナガ、ハシブトガラス、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、シロハラ、ツグミ、ジョウビタキ、スズメ、ハクセキレイ、シメ、アオジ、オオジュリン (35種)

東京港野鳥公園のホームページには最新の野鳥情報や過去3年間のシギ・チドリ類出現情報なども掲載しています。
 
12月の観察記録(観察日:10日)
横浜市横浜自然観察の森
〒247-0013 神奈川県横浜市栄区上郷町1562-1
Tel: 045-894-7474 Fax: 045-894-8892
 
横浜市横浜自然観察の森ホームページ
場所:横浜市横浜自然観察の森(神奈川県横浜市)

コメント:落葉樹の葉も落ちて、樹上の小鳥が見つけやすい時期になりました。 地面で餌を探すコジュケイやシロハラなども、 地面に積もった落葉をかきわけるガサガサという音をたよりに見つけることができます。
相変わらずジョウビタキはあまり観察されていませんが、 カラ類の混群、ヒヨドリなどはよく観察されています。 その他、イカルが群れで木の実を食べている様子が観察されたり、 ベニマシコ、ルリビタキ、ウソ、ミソサザイ、トラツグミなども時々観察されます。
最新の自然情報はブログでも更新していますのでぜひご覧ください。

観察できた野鳥:キジバト、トビ、ノスリ、コゲラ、アオゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、メジロ、シロハラ、ツグミ、大型ツグミ類、ルリビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ウソ、シメ、イカル、ホオジロ、アオジ、クロジ、コジュケイ、カワラバト(ドバト)、ガビチョウ
※これらの記録の収集には、横浜自然観察の森友の会の皆さんのご協力を得ました。
 
12月の観察記録(7日)
三宅島自然ふれあいセンター
アカコッコ館
〒100-1211 東京都三宅島三宅村坪田4188
Tel: 04994-6-0410 Fax: 04994-6-0458
 
三宅島自然ふれあいセンター・アカコッコ館
場所:三宅島(東京都三宅島三宅村)

コメント:風が強く、海も荒れる日が多くなりました。カモメ類の到来が遅く、12月中旬ごろにやっとウミネコとオオセグロカモメが記録されました。大路池ではオオバンの数が減ってきましたが、ハジロカイツブリとカイツブリがずっと滞在しています。上空や周辺の森では相変わらず猛禽の存在が目立ち、オオタカがハシブトガラスを襲う様子や、ハヤブサとノスリのバトルがみられたりもしました。カワセミやセグロセキレイなど、渡りの小鳥も見られています。

観察できた野鳥:オシドリ、ヒドリガモ、カルガモ、ハシビロガモ、コガモ、カイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ウミウ、オオバン、ハイタカ、ノスリ、カワセミ、コゲラ、モズ、ハシブトガラス、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ミソサザイ、シロハラ、アカコッコ、コマドリ、スズメ、セグロセキレイ、カワラヒワ、マヒワ、ウソ、ホオジロ、クロジ

日々の観察記録はアカコッコ館ブログでもお伝えしています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 首都圏