ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

10月の観察記録(春国岱、自然学習林)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターホームページ
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:10月8日にオオハクチョウの初飛来を確認しました。下旬には風蓮湖やその周辺の温根沼で1,800羽以上を数え、順調に渡って来ていることがわかりました。カモ類はヒドリガモ・オナガガモをはじめ10種以上が飛来し、繁殖羽に換羽している個体も多く見られるようになりました。オオワシは10月20日に初確認しました。まだ数羽程度ですが、これから徐々に風蓮湖周辺で見られる機会が増えるでしょう。ユキホオジロやハギマシコなど冬鳥の渡りが早ければ、11月下旬ごろに春国岱周辺で見られるでしょう。

観察できた野鳥:オオハクチョウ、ヒドリガモ、マガモ、ハシビロガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、スズガモ、ビロードキンクロ、クロガモ、ホオジロガモ、ウミアイサ、アカエリカイツブリ、ミミカイツブリ、ハジロカイツブリ、キジバト、ヒメウ、ウミウ、ゴイサギ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、ムナグロ、メダイチドリ、ミヤコドリ、キアシシギ、ウズラシギ、ハマシギ、ユリカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、シロカモメ、セグロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、オオワシ、ノスリ、コゲラ、アカゲラ、ハヤブサ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ヒヨドリ、ウグイス、エナガ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、アカハラ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、アオジ、オオジュリン(62種)

最新情報は春国岱・風蓮湖フィールドレポートに掲載しています。
 

10月の観察記録(観察日:26日)

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターホームページ
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:10月5日にコハクチョウが、10月12日にオオハクチョウが初認されました。湖では、ハクチョウやガン類の側にヒドリガモやオオバンがちょこちょことつきまとい、おこぼれを狙う様子も見られます。オジロワシも時折、上空を横切り、たくさん飛来しているカモやマガンを慌てさせていました。林ではコナラやミズナラなどの広葉樹の落葉が進み、枝が見やすくなってきています。そのため、ハシブトガラやエナガの発見率が上がっているようです。マヒワも10月19日に確認され始め、冬へ向けて、一歩、また一歩と進んでいます。

観察できた野鳥:ヒシクイ、マガン、シジュウカラガン、コブハクチョウ(外来種)、コハクチョウ、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、カルガモ、オナガガモ、コガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、カワアイサ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ハジロカイツブリ、カワウ、アオサギ、ダイサギ、オオバン、トビ、カワセミ(26種類)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリホームページ「最新自然情報」に掲載しています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道