ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

8月の観察記録(春国岱、風蓮湖、自然学習林)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターホームページ
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:シギ・チドリ類の秋の渡りが本格的に始まり、風蓮湖周辺では上記のほかに以下のシギ・チドリが見られました。ムナグロ・ダイゼン・シロチドリ・ミヤコドリ・アオアシシギ・イソシギ・ハマシギ・エリマキシギ。特に多かったのは、キアシシギ・トウネン・メダイチドリ・アオアシシギでした。観察地点から鳥がいる干潟までの距離が離れているため、風蓮湖では望遠鏡は必須です。9月上旬は、夏鳥のほとんどが南へ渡ってしまうので鳥を観察するには少し淋しいですが、下旬になると、ヒドリガモやオナガガモなどカモ類の大群が風蓮湖に渡って来て、また賑やかになります。

観察できた野鳥:キジバト、アオバト、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、ハリオアマツバメ、アマツバメ、メダイチドリ、ミヤコドリ、タカブシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネン、ウミネコ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、ハイタカ、コゲラ、アカゲラ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ウグイス、エゾムシクイ、センダイムシクイ、シマセンニュウ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、ノビタキ、コサメビタキ、スズメ、ハクセキレイ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ、(41種)

最新情報は春国岱・風蓮湖フィールドレポートに掲載しています。
 

8月の観察記録(観察日:26日)

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターホームページ
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:エゾセンニュウの声が8月10日以降、ぱったりと聞かれなくなりました。林や草原でくらす、ほかの鳥たちのさえずりもほぼ聞こえません。ただ、ネイチャーセンターの水場が少しの間、センダイムシクイやメジロ、若いシジュウカラなどでにぎわう日も。湖は相変わらず夏からずっと静かな様子ですが、中旬ごろからマガモの小さな群れが観察されるようになり、夏の間は1〜2羽程度だった傷病個体のオオハクチョウなどが日に日に集結し始めました。そろそろ秋の渡りに向けて、鳥たちが動き始めています。

観察できた野鳥:コブハクチョウ(外来種)、オオハクチョウ(傷病による越夏個体)、カイツブリ、カンムリカイツブリ、キジバト、アオサギ、ダイサギ、ハリオアマツバメ、オオセグロカモメ、ミサゴ、トビ、オジロワシ、オオタカ、コゲラ、カケス、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、メジロ、ムクドリ、キビタキ、カワラヒワ、ベニマシコ、アオジ(27種類)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリホームページ「最新自然情報」に掲載しています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道