ScrapBook
野鳥の声
野鳥動画
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道
トップページへ
北海道
東北
首都圏
関東甲信越
東海
北陸
近畿
中国
九州・沖縄

 

列島縦断野鳥情報

5月の観察記録(春国岱、風蓮湖、自然学習林)
根室市春国岱原生野鳥公園
ネイチャーセンター
〒086-0074 北海道根室市東梅103
Tel: 0153-25-3047 Fax: 0153-25-8570
 
根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンターホームページ
場所:自然学習林、風蓮湖、春国岱

コメント:ネイチャーセンター周辺には、センダイムシクイやエゾムシクイ、コヨシキリなどの夏鳥たちが今年も順調に渡って来ました。早朝は小鳥たちの美しいさえずりが林内やヨシ原のあちらこちらで響き渡っています。春先にバードウォッチャーを楽しませてくれたミヤコドリは、4月30日に確認した90羽が春の渡りの最大数で、5月13日の7羽が終認日となりました。
6月中旬にはセンニュウ類が渡って来て、これで夏鳥が勢ぞろいし1年で最も賑やかな季節となります。

観察できた野鳥:ヨシガモ、ヒドリガモ、マガモ、オナガガモ、コガモ、スズガモ、クロガモ、ウミアイサ、カイツブリ、キジバト、ウミウ、アオサギ、ダイサギ、タンチョウ、ツツドリ、カッコウ、コチドリ、メダイチドリ、ミヤコドリ、オオジシギ、ホウロクシギ、キアシシギ、キョウジョシギ、トウネン、ユリカモメ、ウミネコ、ワシカモメ、シロカモメ、オオセグロカモメ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ツミ、コゲラ、オオアカゲラ、アカゲラ、ハヤブサ、モズ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、ヒガラ、シジュウカラ、ヒバリ、ウグイス、エナガ、エゾムシクイ、センダイムシクイ、メジロ、コヨシキリ、ゴジュウカラ、ミソサザイ、アカハラ、ノビタキ、スズメ、ハクセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ベニマシコ、シメ、アオジ、オオジュリン(64種)

最新情報は春国岱・風蓮湖フィールドレポートに掲載しています。
 

6月の観察記録(観察日:28日)

ウトナイ湖サンクチュアリ
ネイチャーセンター
〒059-1355 北海道苫小牧市植苗150-3
Tel: 0144-58-2505 Fax: 0144-58-2521
 
ウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターホームページ
場所:ウトナイ湖(北海道苫小牧市)
コメント:湖ではアオサギやダイサギ、トビ、オジロワシなどが見られます。鳥の数は少なく、盛り上がりには少々欠けるかもしれませんが、時折、ミサゴやトビが魚を取るために急降下したりと、ダイナミックな場面と出会える瞬間もあります。一方、湿原や林の中は夏鳥が勢ぞろい。比較的見やすいのは湿性草原ではコヨシキリで、ヨシ原からにぎやかな演奏が聞こえます。タイミングが合えば、林ではキビタキのフライング・キャッチが観察できるかもしれません。とはいえ、おのおの子育てに忙しい季節。忙しそうにしている小鳥たちを見かけたら、そっとその場を離れましょう。

観察できた野鳥:コブハクチョウ(外来種)、キジバト、アオサギ、ツツドリ、トビ、オジロワシ、チュウヒ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ハシブトガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、ウグイス、ヤブサメ、センダイムシクイ、エゾセンニュウ、コヨシキリ、クロツグミ、キビタキ、ハクセキレイ、カワラヒワ、アオジ(22種類)

最新情報はウトナイ湖サンクチュアリホームページ「最新自然情報」に掲載しています。
> HOME > 列島縦断野鳥情報 > 北海道