ScrapBook
野鳥の声
野鳥壁紙
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > はじめて物語 > 第4回
トップページへ
はじめて物語
第1回 きっかけは〜
第2回 公園デビュー
第3回 「うふふ」な春
第4回 「新発見」
第5回 ダンナ様も!
第6回 アオサギも!?

 

はじめて物語

第4回  図鑑でわかった「新発見」
最近ちょっと疑問がわいてきた。
いつもの川で見ているカワセミ君は,本当に「君」なのか?

私もオジサマみたいに鳥の本を買った方がもっといろんなことがわかるかも知れないなぁ,と思い近所の本屋さんに行ってみた。するとたくさんの鳥の本があって,どれを選べば良いのやら…。

しばらく悩んで選んだのがこの本! ポケット図鑑「日本の鳥300」。
たくさんの写真が載っているのに手の平サイズの超コンパクト! 値段もお手頃でお得感たっぷりですねぇ。主婦はお得感に弱いのです。

写真2:ポケット図鑑「日本の鳥300」(文一総合出版 文庫サイズ 定価1,050円)。このサイズで300種とは! 「お得」に弱い主婦の心をくすぐられます(商品の詳細は文一総合出版ホームページまで)

そんな訳で図鑑を手に入れてから,当然「鳥を見に行くぞ〜!」とウキウキ。

楽しそうに夕飯を作っていたら,ダンナ様に「なんか随分楽しそうだねぇ」と言われた。うふふ,次の日に図鑑を持って鳥を見に行けることで頭がいっぱいなのである。

つまらなそうな顔をした奥さんよりも,楽しそうな奥さんの方が家庭円満だから良いのである! うふふ
翌日,猛スピードで家事をすませ(最速記録を更新中?!),図鑑をポケットに忍ばせ,お散歩にでかけた。

いやいや,もはやお散歩とは言えないかも…。バードウォッチングかな? そんなことを考えながらいつもの川をのぞくと,カワセミさん登場。「相変わらずキレイだなぁ」なんて見とれている場合ではない! 今日はある目的があるのだ。

「君」じゃないかも知れないから,わかるまで呼び方は「さん」にしておこう,と決めたカワセミ。今日はそれをハッキリさせようじゃないか! ポケット図鑑を買ってからカワセミのところを読んでみたところ,下のくちばしに橙色があるのが雌らしいということがわかった。

写真にもハッキリ橙色が見えていたけど…。早速いつもところに現れたこのカワセミ。ん〜,上下ともに黒っぽいから「君」だぁ! これでスッキリした。今日からカワセミ君に決定!
写真2:カワセミ。嘴が全体に黒いので雄と判明。今日から「カワセミ君」と堂々と呼べます
そんなことを一人で楽しみながら川をしばらく観察した後,周囲を見回すと白い大きな鳥が。コサギだ! 近くへ寄ってうっとり見ていたら,ひら〜と動くヒモが。

「なんなの? あの頭にあるヒモみたいなの?」

さぁ,疑問を感じたら図鑑,図鑑。ナニナニ,コサギのところには『飾り羽が2本』って書いてある〜。『飾り羽』って言うのかぁ。すごいなぁ,図鑑。買ってよかったぁ! な〜んて,ニヤけていると,今度はなにやら水路をずっと覗き込みながら移動しているぞ。

「あ〜! なんか食べた! 魚か?」
写真3:コサギ。頭の後ろからヒモ? いえいえ,飾り羽というものです
一人で考えていると『ドジョウを食べたみたいだね。』とオジサマ登場!

『オジサマ〜』,なんて口がさけても言えないが,心の中でちょっとうれしく思っていると,そこへ今度はシジュウカラ登場。私が双眼鏡で見ているとオジサマは『ネクタイの太さで雄か雌かわかるんだよ。』と教えてくれた。

どうやらネクタイが下まで長く,幅が広い方が雄とか。
写真4:シジュウカラ。ネクタイのように見える黒い帯びのような模様が太いと雄
でもオジサマ曰く,雄なのか雌なのかわからない種類はたくさんあるらしい。

確かにカラスなんて全身真っ黒だ。

図鑑を買ったらなんだか世界が広がったなぁ。また鳥を見て,図鑑を見て楽しんじゃおう! さぁ,今日も楽しく夕飯作るぞー!
続く
> HOME > はじめて物語 > 第4回