ScrapBook
野鳥の声
野鳥壁紙
イベント情報
列島縦断野鳥情報

> HOME > はじめて物語 > 第2回
トップページへ
はじめて物語
第1回 きっかけは〜
第2回 公園デビュー
第3回 「うふふ」な春
第4回 「新発見」
第5回 ダンナ様も!
第6回 アオサギも!?

 

はじめて物語

第2回 みなっち、公園デビュー!
すっかりカワセミの虜になってしまった私。
双眼鏡を見つけ出してからというもの、何度あの青い鳥を探しに川までお散歩へ行ったことか。カワセミ見たさに家事の手際も以前よりよくなったような気が……。

そして気がつくと双眼鏡を首にかけながら洗濯物を干しているではありませんか!! なぜって? ベランダからも電線に止まっている鳥や近くの植え込みに遊びに来る鳥が観察できるんですよ〜。出かけられないときはこれでガマンできます。
先日またあの親切なオジサマに会ったら、『環境によっている鳥が違うから、たまには別のところへ行ってみると楽しいよ。』と教えてくれました。それは行かねばならん! と、いざ次なる場所へ!
そこは隣町のとても広い某公園。

「確かにいつものお散歩コースとは雰囲気がかなり違うなぁ。」

ワクワク、ドキドキしながらのお散歩はなかなか楽しいですよ。
耳を澄ますと鳥の声や、遠くから子どもたちが楽しそうに遊んでいる声が聞こえてきます。しかし、その声のする方向へ双眼鏡を向けてもなかなか鳥の姿が見えません。

「えー、どこどこ? どこにいるの〜? あっちかな? こっちかな?」

と双眼鏡をあちこちに向けていると、酔いそうになってしまいました…。 肉眼では木々の間を素早く移動する鳥の姿が見られましたが、思うように双眼鏡では見ることができません。

「なんで〜?(涙)」
写真1:こんな公園でバードウォッチングしてます
親切なオジサマはいないし、ちょっと寂しくなってしまいましたが、それでもやはり鳥が見たくて一人でキョロキョロしていると、やっと近くの木に鳥たちがやってきました!

「あ〜、カワイイなぁ小鳥ちゃん。」

と一人ご機嫌!
そうそう、今やってきた鳥たちの中に、胸の真ん中のところに黒い縦線が一本入っている、シジュウカラという鳥がいました。先日オジサマが『ネクタイをしているのはシジュウカラだよ。』と教えてくれた鳥の一つです。

「ネクタイ?! どこに?」

よく見ると確かにネクタイをしているみたい! うふふ、おもしろい表現をしますなぁ。すぐ覚えられました。
写真2:木に止まっている鳥を観察。シジュウカラでした   写真3:シジュウカラ。胸の真ん中のネクタイがわかりますか?
しばらくフラフラと歩いていると、望遠鏡を担いだバードウォッチャーらしき人を発見!

「話しかけようか、かけまいか…でもこの辺ではどんな鳥が見られるのか聞きたいなぁ。」と悩んで、『ス、スミマセン、今日は何を見ましたか?』と聞くと、『今日は特別なのは見てないよ。いつもなら○○とか、○○とか…』と教えてくれましたが、ノー! そんなに一気に覚えられなーい!

タカの仲間がいるらしいことはわかったけど…あとジョウビタキ? とかいうのがいると言っていました。寒くなるとやってきて、「ヒッヒッヒッ……」と鳴くとか。オスは頭が銀色らしい。
またしばらく歩いていると、低い木の繁みの中から例の声が!

「ヒッヒッヒッ……」

聞こえる、聞こえる! 教えてもらった鳥かな? と長い時間探していると、やっと姿を現してくれました!「頭の色が銀色だ〜!」思わず凝視してしまったみなっちでありました。初めて見る鳥はうれしいですなぁ。
写真3:これがジョウビタキの雄。オレンジの胸がすてき
いつものお散歩コースは鳥が見やすいけど、今日みたいな森の中では鳥が見づらかったような気がするな。でもジョウビタキ君が見られたので大満足!

「もうこんな時間だ! 今日も急いで帰らねば!! でも、もっと鳥が見たーい!」
写真4:私の相棒の双眼鏡。肉眼で見ているよりもしっかり見えますが、あの親切なオジサマの使っていたものはもっと大きくてしっかりした感じ。すっごい高そう……
続く
> HOME > はじめて物語 > 第2回